最近では太陽光発電のソーラーパネルについては日本国内のメーカーだけではなく海外メーカーも非常に多くのメーカーが販売を行っています。
それらは機能性や値段に関しても十人十色であり一概にどれが良いというものは難しいですが非常に優秀なメーカーが増えていることは事実です。
サポートという面では確かに様々な支店なども用意できるということから国内メーカーは様々なサポートが用意されていることから海外メーカーよりもこの部分については勝っているともいえるでしょう。
しかし海外メーカーの大きなメリットの一つとして保証の期間が非常に長期的であり、導入に関する費用に関しても非常に抑えられているという部分にも国内メーカーと比べて優位にたっている部分といえるでしょう。
しかし先ほども説明したように国内メーカーは様々な場所に拠点となる支店を用意しそれぞれの保証に関しての対応も非常に身近な存在となっていますが海外メーカーは日本国内に拠点となる支店を持たないケースも最悪の場合には存在するのでそれらの保証の内容における部分も十分に活かせない場合も存在します。
ソーラーパネルにおける重要な要素である価格、品質、保証、様々なアフターケアという部分で考えた際には国内メーカーとしては品質や様々なアフターケア、海外メーカーとしては保証や価格という面でそれぞれがメリットとなっています。
購入の用途によってそれぞれのメーカーからの購入もしやすい商品ともなっているのでそれぞれのメリットを考えながら購入を行うようにしましょう。
海外の太陽光事情についてはこちら⇒海外 太陽光発電

関連記事