太陽光発電の設備を設置する時に、安く施工してくれる業者を選ぶ人がいますが、それだとしっかりと施工してくれない可能性が高まります。
悪い業者だと、屋根に穴が空いても修理をせずにそのままほったらかしにするような所もあります。
それだと、雨が降った時に雨漏りがして、また別の業者に修理を頼まなくてはならなくて、無駄なお金がかかります。
業者は値段だけではなくて、アフターサポートや施工がしっかりしている所を選んだ方がいいでしょう。
アフターサポートが不十分な業者だと、後で太陽光発電の設備が何かの理由によって壊れた場合に、修理をしてくれず、発電も出来ないのでお金も稼げないという事態になってしまいます。
ローンを組んでいた場合はローンの返済だけが残ってしまいます。
そんなに簡単に壊れないから大丈夫と思っていても、台風なんかで簡単に壊れてしまうこともあります。
そうならないためには、保険に入っておくことや立地、設置する家の条件にあった施工をしてくれる業者を選ぶことが大切です。
訪問セールスに良さそうなことを言われたからと言って、直ぐに契約をしてしまうのも良くありません。
複数の業者に見積もりをした後に、一番良いと思える業者と契約をすることが大事です。
太陽光発電に興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 失敗

関連記事