日常のふとした時に感じる膝の違和感。だんだん膝が痛くなり、
関節の軟骨がかけてクッションの働きがなくなってしまう
変形性膝関節症という病気を引き起こします。

変形性膝関節症は自覚症状のある人が約1000万人、
変形性膝関節症の可能性のある方は約3000万人と推定されています。

膝の関節の軟骨にはⅡ型コラーゲンやヒアルロン酸がありますが、
膝軟骨を若々しく保ち、膝の弾力性でクッションの役割を果たす
プロテオグリカンが今、膝の痛みがある方に関心を持たれています。

プロテオグリカンを増やして膝が若返れば痛みを軽減することが
できるのがプロテオグリカンです。

プロテオグリカンは軟骨の中に水分をたっぷり蓄えることができ、
例えていうなら水を含んだスポンジのような感じで、膝に圧力がかかっても
プロテオグリカンによって水分が蓄えられた軟骨が衝撃を吸収してくれます。

体重が増えて膝に負担がかかりすぎたり、40歳以降になると
プロテオグリカンが作られなくなり、水分を蓄えられずに軟骨が欠け、
膝が痛くなるのです。

膝の曲げ伸ばしが多くなると血流がよくなり、軟骨細胞にたくさんの
栄養や酸素が届くため、軟骨細胞が活性化します。

これはただのウォーキングでも効果があるので、プロテオグリカンを
増やすためにはこまめに歩くのがおすすめです。

また軟骨成分と同じプロテオグリカンを摂取することでプロテオグリカンを
増やすこともできるので手軽に飲めるサプリメントでプロテオグリカンを
補給することもできます。

体の中の軟骨成分と同様のプロテオグリカンを摂取するなら北国の恵みが
ぴったりのサプリメントです。

北国の恵みについてはこちらが参考になります。→北国の恵み 効果

関連記事


    年齢を重ねれば、身体の中で作ることが難儀になると指摘される グルコサミンは、カニあるいはエビの殻に豊富に含有されているアミノ糖のひとつで、 日常的な食事からは簡単には摂ることができない成分だとされてい…


    サプリメントに加えて、数々の食品が売られている現代社会、 購入する側が食品の特質を認識し、それぞれの食生活に合うように選ぶためには、 正しい情報が不可欠です。 20~30代の成人病が年を追うごとに増え…


    オルチニンはもともと肝臓において アンモニアの代謝を助け、肝臓の解毒作用を助けるための成分です。 体内で合成することも可能ですが、アルコール摂取などで オルチニンが使われると当然足りなくなってきます…