太陽光発電とは、太陽電池を用いて、太陽の光エネルギーを直接電力に変換する発電するシステムです。
太陽光が降り注がない夜や悪天候の日には発電することができないため、安定面では弱いという欠点があります。
また、その発電効率は、市販の太陽電池モジュールで20%前後で、太陽の光エネルギーの2割しか電気に変換できていないことを意味しますが、化石燃料を一切必要としない自然電力による発電のなかでは、非常に効率の良い方法となります。
さらに、2025年までにこの発電効率を25%に実現することを目標にして、各メーカーは研究を続けています。
太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、水力発電、地熱発電といった再生可能エネルギーは、自然環境のなかで、繰り返し補給される資源を活用し発電しているため、その長所として、資源が枯渇しない、資源を自給できる、温暖化に影響を与えているといわれている二酸化炭素を排出しない、などがあります。
エネルギーシステムの安定は、国家の安定の前提にあたり、化石燃料の供給を国外に依存している日本にとっては、エネルギーの供給源を自給できるということは最大のメリットといえます。
また、世界でとりくむべき課題である温室効果ガスの削減につながる取組みであることも、太陽光発電を取り入れる大きなメリットです。
太陽光発電について書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 天候

関連記事