ロスミンローヤルは第三類医薬品で副作用の心配はそれほど気にする必要はないのですが、薬であることには変わりありません。
ロスミンローヤルを服用するときも、他の薬を飲むときと同じような注意を払うべきでしょう。
一般的に薬は水または白湯と飲むが良いとされています。
かぜ薬や整腸剤をビールや日本酒、ワインなどのアルコールと一緒に飲む方はいないはずです。
ロスミンローヤルも同じで、服用は水または白湯を用いるようにしましょう。
余談ですが、牛乳で薬を飲んでもいけません。
牛乳は腸に膜をはってしまい、薬の成分が腸から吸収されるのを阻害してしまうと言われています。
ロスミンローヤルにはシミやしわの改善に役立つ成分や、冷え性の解消、腰痛や肩こりの緩和に役立つ成分が豊富に含まれています。
せっかくそのような有効成分が含まれているのに、ロスミンローヤルを牛乳と一緒に飲んでしまうと腸に十分に吸収されないおそれが出てきてしまいます。
薬は飲み合わせによって血圧が下がってしまったり、めまいが起きるなどの症状が出てしまうことがあるので注意が必要です。
ロスミンローヤルの公式サイトには毎食後1日3回、1回3錠を水またはぬるま湯でかまずに服用してくださいと記されています。
ロスミンローヤルも他の薬と同じように飲み合わせに注意して正しい用法を守って服用していきましょう。
ロスミンローヤルの飲み合わせについて詳しく知りたい方はこちら⇒ロスミンローヤル 飲み合わせ

関連記事