ファッションのひとつとして髭を生やしている男性も多いですが、実際のところ女性からはどのように見られているのでしょうか。
かっこいいと思って伸ばしていたつもりが、実は不評だった…というのは残念ですよね。
この記事では代表的な3つの例を上げて女性目線からの注意点を考えていきたいと思います。

1.伸ばしかけの髭

ある程度の長さを目指して髭を伸ばしている人も多いと思います。
しかし、伸ばしかけの髭は「だらしない」「不潔」といった印象を与えかねない諸刃の剣でもあるのです。
印象を悪くしないために、髭を伸ばしている間は普段以上に服装や振る舞いに気をつけるのが無難です。
髭は放置しているのではなくファッションなのだと印象付けられるよう、粗雑な行動やだらしない服装は控えきちんとした身なりを心がけましょう。
また、伸ばしたい場所以外の髭の手入れをきちんとしていれば伸ばしかけだということは十分に伝わります。
全体を伸ばすのではなく、理想形をイメージしながら丁寧に整えましょう。

2.口髭

ワイルドな印象のある口髭ですが、ワイルドさが行き過ぎると怖い印象を与えてしまいます。
自分が普段どういうキャラクター、性格で周りの人と接しているかを思い返し、突然髭を生やして驚かれないかを一度考えると良いでしょう。
例えば、それまで優等生的なイメージのあった人が口髭を生やしていたら印象がガラリと変わりますよね。
顔の中でも中心に近い位置の口髭は頻繁に目に入る部分ですので、自分が考えている以上に印象を変えることに注意しましょう。
口髭を生やしてイメージを変えたいんだ!という場合は、服装も合わせて変えてみるといいかもしれません。

3.顎髭

最も多様なバリエーションがあるのが顎髭ではないでしょうか?
扇型、フェイスライン、ショートコンチネンタルなど様々なタイプがありますが、自分の顔や体型に合ったスタイルを選ぶとお洒落で格好いい印象を与えられます。
逆に似合わないタイプを選んでしまうと、マイナス評価に繋がりかねないので注意が必要です。
無精髭と紙一重なのも顎髭の難しさでしょう。
修正が効きやすいのも顎髭の良い点の一つですから、似合わないと思ったら別のスタイルに挑戦するのも良いかもしれません。
清潔感にも気を配りつつ、服装とも合わせながらいろいろな種類を試してみてください。

いかがでしたか?女性の男性の髭に対する目は意外に厳しいものです。
特に清潔感は大事なポイントで、面倒だからと手を抜いたり、余計な部分を整えずにいるとすぐに印象が悪くなってしまいます。
髭は人によって似合うスタイルが大きく分かれるので、周りの評価も気にしつつ自分に合うものを見つけられると良いですね。

詳しい情報はこちら⇒ 女性 ヒゲ

関連記事


    青髭とは、口周りが青く見えてしまう現象で、毛根部の髭が育つ前の毛が透けて見えることによって起こることです。体質によってはたとえ朝にしっかり髭を剃ったとしても午後には青髭が出てきてしまうもので、困ってい…


    乾燥肌やオイリー肌など人間の肌には個人差があります。 肌の質感に個人差があるように、髭を剃る時に使うシェービング剤にも個人差があります。 髭を剃る時には剃刀や電動シェーバーを使いますが、ちゃんと肌に合…


    街を歩いている時に、髭を生やしている男性を見かけたことありませんか。 まだ20代くらいなのに、髭を蓄えています。果たしてこれは評判のいいことなのでしょうか。 汚いと思われているのではないでしょうか。 …


    全身脱毛すると決めたのであれば、脱毛サロンのコースや家でお手入れできる脱毛器について チェックして、メリットやデメリットをしっかり比較・分析した上で決断することが重要です。 面倒なムダ毛に悩んでいる女…


    詳しくはコチラ⇒リンクス 脱毛 永久 数ある男性脱毛サービスの中からRINXを選び現在施術を受けています。 脱毛は痛いという人が多いので怖かったのですが、今のところ痛みを感じたことはありません。個人差…