流産後に妊娠した場合、前回よりもさらに注意が必用になります。
その理由は前回流産しているとその次妊娠した時に前の流産の影響によりまた流産する可能性が高くなるというのが産婦人科では通説となっています。

 

だから次は絶対に流産後 妊娠にならないように、心身共に気をつける必要があると言えるのです。流産というのは女性の身体も心も傷つけてしまいます。だからこそ母体に出産する力を蓄える必要があるのです。

 

その為に行うべき事はきちんとバランスのいい食事をすることと、さらには適度な有酸素運動を行うこと、あとは体温を上げることが大切です。そしてどこか体調がおかしいと思った時は無理や我慢をせずに即座に病院に行ってお医者さんにみてもらうようにしましょう。

 

また流産が初期流産だった場合はその後に妊娠がしやすいというのが医学的な見解です。その理由は子宮の機能が完全に失われていないからです。だから1度の流産で諦めずに次は万全の状態で出産に望むことを心がけましょう。

関連記事

    None Found