太陽光発電システムを導入すると、気になるのが実際の発電量です。
発電量次第では自宅の電力を賄うというだけでなく、売電して収入を得ることが不可能になることもあります。
太陽光発電システムを導入するにあたっては営業担当者が設置場所を確認してだいたいの発電量について事前に測定したり、カタログで数値を見たりすることが可能です。
しかしながら地域によっては雨や雪が多いこともあり、カタログに示されている通りの発電量が見込めない場合があります。
また太陽光発電システムを設置する屋根の状態や自宅の場所によっても発電できる量は違い、カタログ通りの発電量にまで達しないことがあります。
なので新たに太光発電システムを導入する際には、自宅の地域の天候、設置する屋根の状態、自宅の立地場所などさまざまな条件を考慮し、営業担当者と相談の上実際に設置するかどうかを決めるべきです。
善良な太陽光発電の業者の場合、太陽光発電システムを導入することで売電ができなかったり自宅の電力を賄いきれないと分かれば交渉を中止することがほとんどなので、
カタログばかりに頼らずにきちんと事前に調査をして設置についての可否を調べてくれる業者に依頼すべきです。
参考:太陽光発電 カタログ 発電量

関連記事