大きくて美味しいサツマイモをたくさん収穫したい!
肥料の量は、どのくらい必要なの?どんな肥料を使えばいいの?
そんな疑問に答えてみましょう。

まずサツマイモに肥料は不要!と言い切っている家庭菜園サイトもあります。
そもそも、やせた土壌でも育つ丈夫な野菜がさつまいも。
飢饉対策として広まった経緯もあるくらいですので、それこそどんな土地でも?
大丈夫。

とはいえ肥料を与えなかったことで小さいサツマイモしか取れなかった、とか、あまり甘くならなかったん、なんて心配する方もいらっしるかもしれませんので、もうちょっと詳しく書きましょう。

一番避けなければならないのは、窒素過多による「蔓ボケ」です。
蔓ボケというのは、肥料の三要素のうちチッ素が多すぎることで、葉っぱがわんさか茂ってしまうこと。
通常、葉っぱが元気だと栄養分がたくさん作られ、野菜も元気!と思われるのですが違います。

地下茎である芋の生育を促すためには、葉が生い茂ってしまうのはよろしくないのです。
痩せた土地がいいのはそのためです。

また水はけの悪さもつるぼけの原因となります。
サツマイモが美味しく育つには、ある程度乾燥した水はけの良い土が重要です。詳しくはこちら。

⇊参考です⇊
さつまいも 栽培

関連記事

    None Found