マングローブとは海水と淡水が混ざり合った場所に根を張る植物の総称の事。
その種類の中にはオヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギなどがあります。

石垣島にはマングローブがたくさん自生しており、もちろん川が流れている付近に自生しています。
マングローブが自生する付近には生き物たちがたくさんいます。
マングローブ蟹と呼ばれる、ノコギリガザミを筆頭に、潮が引いた時に姿を表す、トビハゼやシオマネキとよばれるカニなども多いです。

石垣島最大の川、宮良川の河口付近には、たくさんのマングローブがあり、国道にかかる宮良橋からやカヌーに乗ってマングローブを楽しむ事ができます。

宮良川周辺にはリゾートホテル、貸別荘、ペンション、カヌーサービスなどが点在していて石垣有数の観光スポットとなっています。

上流付近にはさとうきび畑、パイナップル畑などがあり、大雨が降ると赤土が流れ、宮良の海に赤土が流れ出し、まっ茶色になってしまいます。
赤土の影響でサンゴ礁が死滅してしまう事もあり、現在地元の方の力で赤土の流出を防ぐ活動などをしています。

きれいな川でカヌーやスタンドアップパドルなどを楽しみたいですよね。

海は抜群にきれいな石垣島なので川も本土のきれいな川のようになってほしいものです。


↓是非、詳しくご覧ください。↓
宮良川近くのヴィラはこちら

関連記事

    None Found